1. HOME
  2. ブログ
  3. 南部丘陵公園はヒルトレーニングに最適

南部丘陵公園はヒルトレーニングに最適

 

今日6月14日のSWAC四日市土曜午後練習会は、南部丘陵公園にて開催しました。

IMG_0812

練習メニューは先日の記事で紹介させていただいたばかりの「ヒルトレーニング」。

ヒルトレーニングについての記事はこちら

ヒルトレーニングはスピードを出して走るために必要な「バネのある脚筋力」「体幹を中心にバランスのとれた身体づくり」「身体全体を大きく使ったフォームづくり」「リラックスした走り」「柔軟性」などの能力を、効率的に鍛えられるトレーニング!

そのヒルトレーニングを実施する場所としては「5〜15度の傾斜で300m近くの坂がある」「芝生など着地衝撃を抑えられる地形」「坂の上と下にジョギングのできる平地がある周回コースがつくれる」などが挙げられます。

 

「はたしてその条件に当てはまるのか?」・・・という訳でさっそく南部丘陵公園を見ていきますと・・・

 

5〜15度の傾斜で300m近くの坂がある→クネクネ道ですが、かなりスピードに乗って走れる坂がありました!

IMG_0919

 

芝生など着地衝撃を抑えられる地形→走るのに適した芝生の箇所が数カ所ありました!

IMG_0922

 

坂の上と下にジョギングのできる平地がある周回コースがつくれる→平地の箇所も数カ所ある周回コースをつくる事も十分可能。

IMG_0923

・・・という事で、南部丘陵公園ではかなり理想的な環境でヒルトレーニングを実施する事が可能です!

 

加えて南部丘陵公園にはもうひとつ、ヒルトレーニングをするのに最適な大きなポイントがありました。

それが「これでもか?」とばかりに続く階段道。

IMG_0927IMG_0928 IMG_0929

 

この階段道はヒルトレーニングで身につけたい動きの一つである、モモを高く上げて走る動きをつくるのに最適で、ここでのトレーニングは呼吸も乱れ、普段使わない筋肉もフル動員するためかなりの負荷でした。

・・・がここでモモをしっかり上げる動きを入れておくと、この後に行った坂道ダッシュで脚を大きく引き上げた大きなフォームで自然と走れるようになるなど、効果の程をすぐに実感する事ができました!

 

このヒルトレーニング、練習時間は1時間程度でも、かなりの練習効果を実感する事ができます。

そして負荷がかなり高い分、練習後の充実感もかなりのもの!

SWAC四日市ではこの南部丘陵公園ヒルトレーニングの効果を目の当たりにして、今後定期的に土曜午後練習に取り入れていく事に決めました!

 

ちなみに南部丘陵公園には大きく北ゾーンと南ゾーンの2つに分かれますが、どちらのゾーンでも同様にヒルトレーニングが可能!

その具体的なコースやトレーニングメニューについては、後日当ブログにて紹介していきたいと思います!!

 

ヒルトレーニングについて詳しくはこの書籍をご参照ください!

リディアードのランニング・バイブル
アーサー リディアード
大修館書店
売り上げランキング: 81,705

関連記事

関連サイト

 


代表ツイッター