1. HOME
  2. ブログ
  3. 富双緑地公園の芝生の上で高効率トレーニングを実施しよう!

富双緑地公園の芝生の上で高効率トレーニングを実施しよう!

SWAC四日市では今日11月15日(土)15時より、富双緑地公園にて土曜午後ランニング練習会を開催しました。

IMG_4025

SWAC四日市の土曜午後練習会では、芝生や不整地・山道など自然の地形を利用した日常のランニングではなかなか鍛えられない補足練習の場として、月2回の実施を予定しています。

そして今日練習を実施した富双緑地公園の一番の特徴は広大な芝生公園。

そんな芝生公園だから期待できる練習効果はと言いますと・・・

練習時の怪我のリスクを抑えられる

芝生を走る事はアスファルトを走るのに比べると着地衝撃を大幅に抑える事ができるため、初心者の方やちょっとした故障を抱えている方でも比較的安全に走る事ができます!

身体全体を使ったバランスのいいランニングフォームが身につく

反面着地衝撃が柔らかいため地面の反動を得にくく、脚の力だけで走ろうとすると思うように走れません。

そこで効率よく前に進もうと、自然と身体全体を使った走りになってきます。

また芝生の上では着地時に脚がぐらつきやすくなりますが、身体全身で自然とバランスを取るようになり、まんべんなく体幹まわりの筋力が鍛えられ、よりバランスを強化できる好循環が生まれます!

 

加えて富双緑地公園は程よいアップダウンが芝生公園の各地に配備されていて、下記の練習効果も期待できます。

心肺機能の強化

ただでさえ芝生を走る事で身体全体に負荷がかかるうえ、坂道を上っていく事でさらに身体、特に心肺への負荷がかかり大きな刺激を入れられるため、それほどペースを上げなくても、自然と心肺の強化につながります。

ストライドの伸びたダイナミックなフォームづくり

下り坂では平地を走るよりはるかに脚筋にかかる負担が大きくなりますが、芝生を走る際にはその負担をある程度和らげる事ができます。

おかげで思い切ってストライド(歩幅)を大きく伸ばした走りがしやすく、股関節まわりの可動域を大きく広げることも可能になります。

 

上記紹介させていただいた4点以外にも富双緑地公園でのトレーニングでは、多くの練習効果が比較的短時間で期待する事ができます。

IMG_4031

そんな高効率トレーニングが期待できる富双緑地公園練習、SWAC四日市で実施するのは1〜2ヶ月に1回程度ですが、自主トレで海を挟んで見えるコンビナートの景色に癒されながら走るにも絶好のコースと言えそうです!!

関連記事

関連サイト

 


代表ツイッター