1. HOME
  2. ブログ
  3. 音無山の西の麓にある御塩にご縁深い「堅田神社」

音無山の西の麓にある御塩にご縁深い「堅田神社」

内宮外宮に堅塩が献進される由来となった神社

JR二見浦駅から400mほどの距離にある堅田(かただ)神社は、音無山の西の麓にあります。

内宮の地を定めたとされる倭姫命が、二見の地にやってきたときに、この土地の神様・佐美都日女命(さみつひめのみこと)が堅塩(焼き固めた塩のこと)を奉じた際、そのお塩が気に入り、この神社を定めたとされています。

二見から内宮・外宮に堅塩を献進されることとなる由来となった神社と言われています。

*堅田神社に祀られる佐美都日女命(さみつひめのみこと)と江神社に祀られる佐見津日子命(さみつひこのみこと)はともにこの地方の国津神(くにつかみ:地元土着の神様のこと)と言われているようです。

神社概要

堅田(かただ)神社  社格:内宮摂社  祭神:佐美都日女命(さみつひめのみこと)

堅田神社へのアクセス

住所 三重県伊勢市二見町江堅田442-2
最寄駅 JR参宮線・二見浦駅から約400m

関連記事

関連サイト

 


代表ツイッター