1. HOME
  2. ブログ
  3. 音無山の東の麓にある倭姫命が定めた江(え)神社

音無山の東の麓にある倭姫命が定めた江(え)神社

河口の入江の地形にある江神社

江(え)神社は音無山の東の麓にある神社で、長口女命(ながくちめのみこと)、大歳御祖命(おおとしのみおやのみこと)、宇加乃御玉命(うかのみたまのみこと)が祀られています。

江神社は伊勢神宮内宮の地を定めたとされる倭姫命が、御塩浜から船で五十鈴川の入江に着いた時、佐見津日子命(さみつひこのみこと)が迎えた地とされています。

江神社の名前の由来は、五十鈴川の河口の入江の地形にあったからで、入江を巻いて絵のように松が並んでいたことから、巻江(まきえ・蒔絵)の明神とも呼ばれています。

神社概要

江(え)神社  社格:内宮摂社  祭神:長口女命(ながくちめのみこと)、大歳御祖命(おおとしのみおやのみこと)、宇加乃御玉命(うかのみたまのみこと)

江神社へのアクセス

住所 三重県伊勢市二見町江明神奥992
最寄駅 JR参宮線・松下駅から約1.6m

関連記事

関連サイト

 


代表ツイッター