1. HOME
  2. ブログ
  3. 海岸鎮守の神様が祀られる景勝地「粟皇子神社」

海岸鎮守の神様が祀られる景勝地「粟皇子神社」

池の浦の景勝地の岬にある神社

海岸沿いを歩いて、池の浦に面した絶景の岬にある粟皇子(あわみこ)神社は、伊勢神宮内宮に祀られる天照大御神(あまてらすおおみかみ)とその弟神の須佐乃乎命(すさのおのみこと)との誓約(うけい・神に祈って成否を占うこと)によって生まれた女神・須佐乃乎命御玉道主命(すさのおのみことのみたまのみちぬしのみこと)、別名淡海子神と呼ばれる海岸鎮守の神様が祀られています。

*神社に向かう途中で「旅荘 海の蝶」様の私有地を通るため、フロントに一言お声がけする必要があります。

お伊勢さん125社の中で最も海岸に近い神社で、内宮の地を定めたとされる倭姫命に食事を献上したという逸話も残る神社です。

粟皇子神社は、伊勢神宮の場所を定めたことで知られる倭姫命が志摩国を巡った帰りに、御贄(みにえ・神や天皇に奉納する食物)を奉納した神を淡海子(あわみこ)神と名付け社を定めたと言われています。

神社概要

粟皇子(あわみこ)神社  社格:内宮摂社  祭神:須佐乃乎命御玉道主命(すさのおのみことのみたまのみちぬしのみこと)

粟皇子神社へのアクセス

住所 三重県伊勢市二見町松下鳥取1687-2
最寄駅 JR参宮線・池の浦シーサイド駅

粟皇子(あわみこ)神社へのアクセス

関連記事

関連サイト

 


代表ツイッター