1. HOME
  2. ブログ
  3. 神様に献上する食物の守り神が祀られる「赤崎神社」

神様に献上する食物の守り神が祀られる「赤崎神社」

鳥羽唯一の神宮125社「赤崎さん」

近鉄志摩赤崎から500mほどの距離にある赤崎神社は、鳥羽湾の入江の奥まったところにあり、湾内の海岸から外宮へ奉納する御贄(みにえ・神や天皇に奉納する食物)採取の守り神である荒崎姫宮(あらさきひめのみこと)が祀られています。

地元からは「赤崎さん」と呼ばれ、土地を守る神様・産土神(うぶすなかみ)として親しまれています。

6月22日には夏の到来を告げるとされる赤崎祭(別名・ゆかた祭)という例祭が行われ、多くの人が集まり、神社の前の路地には露店が並ぶようです。

境内では神宮宮域から採った杉の小枝が授与され、流行病厄除け祈願として、各家の門戸につるす習慣もあるようです。

神社概要

赤崎(あかさき)神社  社格:外宮末社  祭神:荒崎姫宮(あらさきひめのみこと)

赤崎神社へのアクセス

住所 三重県鳥羽市鳥羽5丁目2
最寄駅 近鉄志摩線・赤崎駅から約500m

関連記事

関連サイト

 


代表ツイッター