1. HOME
  2. ブログ
  3. 志摩を代表する神社で内宮の遙宮「伊雑宮(いざわのみや)」

志摩を代表する神社で内宮の遙宮「伊雑宮(いざわのみや)」

志摩を代表する伊勢神宮内宮の別宮

近鉄志摩磯部駅から約1.6km、最寄り駅の上之郷駅から200mほどの距離にある伊雑宮(いざわのみや)は、伊勢神宮の別宮(内宮・外宮に次ぐ格付け)の一つで「磯部の大神宮さん」「いぞうぐう」「いそべさん」の名前でも信仰される、志摩市を代表する神社です。

祀られている神様は、内宮に祀られている天照大御神(あまてらすおおみかみ)の御魂で、地元の方々、特に漁師や海女から深く信仰されています。

境内には勾玉池があり、周辺には楓も多く、秋にはかなりの絶景が見られると言われています。

また宿衛社の脇には、根本が膨らんだ「巾着楠(きんちゃくくす)」があり、手を合わせてコブを撫でると金運が授かるとの噂もあります。

6月の御田植式はかなり盛大

6月24日に行われる御田植式は、香取神社や住吉大社のものと並んで、日本三大御田植式として、毎年盛大に開催されます。

この御田植式が行われる田は、伊勢神宮の神様に奉納される米をつくっている場所であり、非常に貴重な田んぼと言えます。

神社概要

伊雑宮(いざわのみや)  社格:内宮別宮  祭神:天照大御神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)

伊雑宮へのアクセス

住所 三重県志摩市磯部町上之郷374
最寄駅 近鉄志摩線・上之郷駅から200m

関連記事

関連サイト

 


代表ツイッター